アーティストとしてバンドのギタリストを目指す時に必要な学校では教えてくれない事

hide

ギタリストの八田太陽です。

「ミュージシャン」といってもその形は様々。

僕は元々「バンドで有名になりたい」という目的で上京してきた人間です。

「バンドで有名になる」為には必要となる、強化するべきスキルがあります。

また、それとは違って「ギタリストとして生計を立てたい」という目的であれば強化するべきスキルはまた違います。

同じギターを弾くでも目指す方向によって強めていくスキルは違うっという事になります。

音楽学校時代のお話

IMG_5038-3

僕は上京したての頃音楽学校に通っていました。

さまざまなスケール、ダイアトニックコード、音楽理論、読譜、アドリブなど音楽でプロになるために必要な勉強が盛り込まれていました。

なんですけど。。

僕は田舎にいた頃「○○みたいになりたい!」と憧れるアーティストがいまして、、

音楽学校で勉強する内容は自分の興味をそそる内容の授業ではなかったんです。今はもっと勉強しておけば良かったと思っていますけど笑

今思えば学校は「プロギタリスト養成学校」であり「アーティストを作る」学校では無かったんですよね。

そもそも履き違えているところがあったのですが「アーティスト」は教わるものではない、っというのが僕の本音。

外からどんどん入ってくるスケールや音楽理論の授業なんかはけっこう苦痛でした。何度も言いますがあの時もっとやっておけばよかったw

「とりあえず音楽学校でギターを学ぼう」田舎もので社会のルールすら分からなかった若者はその方法以外考えつかなかったのもあります。

間違ってはいけないのが自分が望まないスキルを受け入れる必要は無いので

「無駄にはならないから興味は薄いけど頑張って覚えよう」っというマインドを持たない事です。

この考え方を持ってしまうとオリジナリティや反骨精神がどんどん削ぎ落とされていってしまうと僕は思います、アーティストを目指しているのに。。

アーティストイズム

これ社会適合という意味では大きく逸脱してしまう考え方なんですが「究極に我儘になる」ことなんじゃないかなと思います。普通に生きていて「究極に我儘になる」ことがどれだけ難しい事か。

僕が長年音楽に携わる中で「アーティストだな」と感じる人ってやっぱりこの感覚を持っていました。

本人に自覚はないと思うんですが。

周りとも衝突しやすいのですがそれゆえに突き抜けた発想にいつも驚かされました。

ただ人として付き合いづらかった記憶もあります。

でもそれがプロだろうがアマだろうが「アーティスト」イズムを持っている方なんでしょうね。

バンドのギタリストとして有名になりたい時に必要となるスキル

one-man2

前段の話から続きますが僕の考えるアーティストとしてのギタリストに必要なスキルはギターの腕ではないです。

大事な要素だとは思いますがそれよりも大事な事があります。根本的な事になりますがとても大事だと感じている事です。

それは「人にどう思われても自分のアイデアやコンテンツを1番だと考えられる」マインドだと思います。

セッションギタリストと違ってバンドのギタリストはギターの腕があるなしに関わらず「個性」を持っています。

それは外部の影響を自分自身が受け入れていってしまうとどんどん薄れていってしまうオリジナリティです。

これが薄れてしまうとこだわりが薄れます、個性が薄れます。

ある意味社会を批判している位じゃなければこのオリジナリティを守る事が出来ないくらい自身にしかないものが必要になってきます。

セッションギタリストとバンドのギタリストは根本的に違う人種だし職種も違います。

僕はどちらのマインドを持ってしまっているので中途半端ではありますがどちらの気持ちも分かるつもりです。

色々なジャンルに精通していて人とのコミュニケーションも柔軟にでき相手の気持ちを汲み取れる、そんな人はきっとセッションギタリスト向きだと思います。

以上の事をふまえてバンドのギタリストに必要なスキルは以下になるんじゃないでしょうか。

作曲力

151114_news

これは必須だと思います。大体が「自分が作ったカッコいいこの曲を聴いてくれ」!って思うはずです。

なので世の中のトレンドと、自分の目指すべきジャンルで自分が影響を受けたアーティストの楽曲のコード進行、アレンジを真似たり参考にしたりしながらどんどん作曲するべきだしきっとすると思うんですよね。

僕の場合ですが最初に考えた楽曲3〜5曲位は「○○のアレンジそのまま」とか影響を受けたアーティストの楽曲に似てしまうんですどうしても。。

ただ3〜5曲作って慣れてくると「真似と思われたくない」と考えるようになり別のジャンルのエッセンスを混ぜたり、全然違うジャンルのリフを別のコード進行で引っ張ってきたり色々工夫するようになります。

僕個人の経験としては5曲目以降はオリジナリティが出てき始めます。そうやってアイデアレベルでも沢山作曲していくと絞り込まれた厳選したオリジナル楽曲の原石が出来ます。

バンドという事であれば作曲した楽曲を聴かせメンバーがやりたい!っと納得させるプレゼン力が必要だし適当ではなく楽曲の格好良さが分かる程度のデモ音源が必要になってきます。

まずはお客さんを納得させる前にメンバーを納得させる必要があるんですよね。

バンド内でのボーカリスト、ギタリスト、ベーシストは作曲能力が自己表現の為に必須なんじゃないでしょうか。

アレンジ力

これは作曲と同じですが、ここでいう「アレンジ力」というのはなにもギターのフレーズに限った事ではありません。

バンドアンサンブルの格好良さってギターアレンジがカッコいいだけでは絶対成立しないと思います。

ドラム、ベース、ギター、、少なくともこの3楽器が生み出すカッコいいバンドアレンジというのを作曲同様色々な楽曲から盗んだり研究する必要があります。

メロディ、コード進行、ギターアレンジだけじゃなくバンドアンサンブルでのバンドアレンジのカッコ良さも自己表現に繋がります。

DTMスキル

dtm

自分が作曲したカッコいい楽曲を人に聴かせるために「デモ音源」を作れる必要があります。

ボーカルさんに多かったんですが歌とコードだけのデモを送ってくる人がけっこういるんです。

それは悪い事ではなく、その楽曲をどうやってカッコ良くするかは作曲者、編曲者としての役目だと思います。

ボーカルという立ち位置は歌、詩の世界観が重要なので伝えたい部分はギタリストと違います。

ギタリストであれば「バンドアレンジの格好良さ」という観点のアイデアや興味があるギタリストの方も多いと思います。

であれば具現化しなければ伝わりません。DTMでドラムパターンやベースアレンジも録音できバンドアンサンブルのアイデアを形にする程度でかまわないのですがDTMを扱える必要があります。

プロデュース力

hide

バンドのギタリストという事であれば花形です。

ヴォーカルの次にファッションリーダーである必要があるし、ステージでもヴォーカルを食うくらいの存在感が必要です。

そこには自分を魅力的に見せるためのプロデュース力も必要になってきます。

鏡張りのスタジオで自分の動きを見ながらパフォーマンスの練習も必要だし、ギターだって低く持って動き回りながら演奏がぶれないようパフォーマンの練習も必要になってくると思います。

服や髪型の見た目もトレンド押さえておく必要あります。

まとめ

だいぶ偏った見解になってしまったように思いますがバンドでギタリストを目指すっというのは「アーティスト」を目指す事と僕は同じだと思っています。

自分が思う必要なスキルもこうやって列挙してみるととても大変ですよね。

音楽理論とか覚えるのではく今のトレンドのファッションや流行を押さえつつ他に無いオリジナリティを追求する事がバンドのギタリストに必要なスキルかと思います。

セッションギタリストを目指す的な記事はちらほらあったのでバンドのギタリストを目指すのに必要なスキルについての記事を書いてみましたw

ABOUTこの記事をかいた人

八田 太陽

アコースティックユニットparanoaのギタリスト。 都内でギターレッスンを開講しており初心者にも優しい、分かりやすいレッスンは定評がある。その他アーティストサポート、プロデュースなど幅広く活動中!